気になる紫外線と肌荒れの関係性。対策を知ろう!

どんどん紫外線が気になってくる季節。
紫外線は年中私たちのお肌に当たっています。
実は紫外線をたくさん浴びたお肌は肌荒れを引き起こしやすくなると言われています。

ニキビを治したい人、ニキビあとがきになる人、美肌を目指したい人は必見です。

紫外線を浴びると肌はどうなる?

紫外線は大きく分けて3種類ある

紫外線が「UV-A」「UV-B」「UV-C」と波長の長さで分けられます。

「UV−C」はほとんど私たちのもとへは届かないので、私たちの肌に影響するのは「UV−A」と「UV−B」になります。
それぞれお肌に影響する場所と作用が違うので、注意が必要です。

肌の乾燥や老化に繋がるUV-A

UV−Aは真皮層まで到達し、肌に蓄積的に影響していきます。
光老化と言われるものもこの紫外線のUV−Aが原因です。
肌の張りや弾力を低下させ、潤いも減少します。

綺麗なお肌はハリやツヤが必要となるため、このUV−Aを継続的に浴びていると影響は大きくなります。

肌の炎症を引き起こすUV-B

よく日焼けをした後に皮膚が赤くなる(サンバーン)のはUV−Bの影響です。
波長が短いため肌の表面まででとどまりますが、そのエネルギーは強いため肌が赤く炎症を起こしてしまいます。
この炎症はニキビが悪化しやすくなるため、注意が必要です。
また、シミやそばかすの原因となりますのでできるだけ紫外線対策を行いましょう。

肌荒れと紫外線の関係

肌荒れが悪化しやすい

紫外線を浴びると、ニキビなどの炎症を起こしている肌荒れが悪化する可能性があります。
また、ニキビやニキビ跡が日に焼けることにより、シミになって残ってしまったり消えるまで時間がかかってしまう場合も。
綺麗に早く治すためにも、紫外線をできるだけ浴びないようにしましょう。

肌の乾燥を引き起こす

紫外線をたくさん浴びると肌の乾燥が進みます。肌の水分が減少し、肌のきめが乱れたり、ごわついた肌に。
水分が減少した肌は、バリア機能が低下し肌荒れがおきやすくなるため、乾燥には注意が必要です。

紫外線に負けずに美しい肌になるには?

以下のことに気を付ければ、大丈夫!

紫外線対策はしっかりと

まずは紫外線対策をしっかりと行いましょう。
晴れた日の外出時はもちろん、曇りの日や日当たりの良い室内にいるときも注意が必要です。
紫外線に当たる可能性があるときには、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

奪われた水分を補給する

肌の水分補給が大切になります。
化粧水や乳液などで保湿を丁寧におこなってください。
また、しっかりと水分を飲むのも大切なので意識してみてくださいね!

肌の再生を促すにはまず睡眠

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、お肌を健やかに保ってくれるはたらきがあります。
睡眠をとることにより肌の調子も良くなるため、質の良い睡眠をとれるようにしましょう。

肌に良い栄養補給を

なんといっても栄養補給も大切!
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、リコピンなどが日焼けをしたあとは特にいおすすめです。

もちろんおすすめは美容鍼

美容鍼をすることによって、ニキビ部分の炎症を抑えたり、紫外線によってダメージをうけた肌の修復力を高めたりなどの効果が期待できます。
ちょっと肌の調子が悪いかも?と思った方は、痛くなくてお肌も翌日以降調子が上がる!と評判の美容鍼をぜひ受けてみてくださいね!


福岡市中央区、薬院の美容鍼灸サロンacune
インスタグラムでもニキビ、美容、健康についての情報を発信中
https://www.instagram.com/acune.salon

気になるサロンの詳細はホームページにて!
https://acune.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

PAGE TOP