なぜ鍼灸治療は痛くないのか

こわいな〜こわいな〜。でも気になるな〜。((モジモジ))

どうしたの。あきゅちゃん。

これ鍼灸治療(しんきゅうちりょう)っていうんだって。こわいな〜と思って。

あーこれね。実はそんなに痛くないんだよ。

鍼の痛みってどのくらい?

鍼灸治療の痛みはほとんどの方が「思っていたより痛くない」という感想です。鍼灸の痛みの種類は2種類あります。

1つめは「切皮痛(せっぴつう)」といわれる鍼が皮膚の表面を貫くときにおこる痛み。
こちらは無痛の場合も多いのですが、痛みがあったとしてもチクッとする程度。また鍼灸師の技術や鍼の太さにより痛みの度合いも変わってきます。acuneでは細い鍼を使用します。

2つめは「ひびき」といわれる鍼特有のズーンとした刺激。こちらはからだの悪いところでツボに当たると感じるような刺激です。
「ひびき」が好きな方は良いのですが、苦手な方もいらっしゃるのでacuneでは「ひびき」をあまり感じさせずにリラックスして受けていただける技術を心がけています。
痛みに弱い方や鍼灸が慣れていなくて不安な方はあらかじめ鍼灸師さんに「ひびかせないようにお願いします」と言ってみても良いですね。

鍼はなぜ痛くないの?

はりと聞くと注射針や縫い針のようなものが身近なためそちらを想像されるとは思いますが、鍼灸治療の鍼はまったく別もの。

一般的に注射針の太さは0.6〜0.8mmほどの太さ、そして鍼灸治療で使用する鍼は0.10〜0.20mmほど。全然違いますよね。日本人の髪の毛の太さが0.05〜0.15mmといわれているので、鍼灸治療で使用するなかでも細い鍼は髪の毛よりも細い鍼になります。
また最近の鍼は鍼先の形も痛みが出にくいように、計算されて製造されています。あまり知られていないのですが、日本製の鍼はとても質が良く、痛みも出にくいです。

メイドインジャパン!!!すごいんだねぇ~~~

日本の鍼も繊細に作られているけれど、日本の鍼灸技術も繊細なんだよ。

痛くない鍼灸技術

鍼灸師は国家資格なので必ず専門の学校に通い、たくさん学んで国家試験を通った人だけが資格を与えられます。
また、資格をとっても大半の鍼灸師は患者さんにすぐ鍼をするのではなく、ある程度修行期間や練習期間が設けられます。
そのなかで痛みができるだけ出ないように、練習をしていくため技術があるからこそ鍼が痛くないんです。

ayanoせんせいも練習したの?

もちろん!!たくさん!
あきゅちゃん。鍼しようか?

痛くないならやるぅぅぅううう
ぜっったい痛くしないでね!
お願いだよ!(必死)

大丈夫だって。
ビビりすぎだよ・・・(笑)

初めてでも安心

はじめて鍼灸受ける人でも痛みに耐えられなかった!という方は今までのお客様でいらっしゃいません。
「思ってたより大丈夫だった」「ちょっと痛いくらいだね」という感想が多いので、はじめてでも安心して受けてみてくださいね!

でも不安な場合は鍼灸師さんに痛みについて不安な旨はしっかりと伝えましょう!そこでしっかり不安を取り除いてくれる鍼灸師さんだと信頼できますね!!


福岡市中央区美容鍼灸サロンacune
インスタグラムでもニキビ、美容、健康についての情報を発信中
https://www.instagram.com/acune.salon

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

PAGE TOP